にとろぐ

アニメを見たり、漫画を描いたり読んだり、 日常の嫌なことばかりをコトコト煮込んだ不健全で後ろ向きな日記。明日 地球が無くなれば良いのにナ。
トップスポンサー広告>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/ (--)--:-- | スポンサー広告 | CM:(-) | TB:(-) |
トップゲーム>新章突入

新章突入

今日は沢山の鳥が死んでたよ

鳥がタクサン死んでたんだ


こんばんは、過呼吸するブログ「にとろぐ」へ。



<どうぶつの森>

この村では不可思議な出来事が絶えない。

ガーデニング大会(家の周りを一番綺麗に飾った人が勝ち)があれば、
一夜のうちに村中の花が掘り返されて、

釣り大会(大きい魚を釣った人が勝ち)があれば、
春先にも関わらずマグロが出品され、

フリーマッケット(住民が自分の家具を売買するイベント)があれば、
村中の家から家具が消え去る。

そんな数々の疑惑の裏に見え隠れするのは、
コンバットヘルメットと軍服に身を包み、
いつも斧を引きずって村を徘徊する「村の支配者」こと、なごやん。

最近はガスマスクも常備し始めたようだが、
その前後から村中で謎の感染症が流行り始めたのは、果たして偶然だろうか。

住人たちは謎の熱病に冒され、次々と倒れていく。
その中で、自由に動いていたのは、
まるでこうなることを予想していたかのように、完全な防菌装備をした
なごやん唯一人。

彼らは、死を目の前にして、なごやんから薬を受け取るしかなかった。

こうしてこの村は、完全になごやんに掌握されていくことになる。



なごやんによる「対アポロ計画」が始まってから、
住人は、鎖国状態となった村から出ることを許されず、
「引越し」を企んだ者は、
その日のうちに不幸の手紙を受け取る・落とし穴に落とされる・
網で執拗に殴られる…等、厳しい制裁を受けていた。

しかし、前述の第一次・第二次バイオハザードを経て、
住人は思考を止め、服従する者になり、
ついには村から出よう、という考えすら出てこなくなっていた。



そんな中、なごやんが村に姿を見せない日が続いた。



動いたのは、ルーシーだった。
彼女は村が開かれた当初からの住人であり、最古参の一人である。
なごやんが村へ来た当初より交流を持っており、最も親交があった。

今までに足りなかったのは覚悟だけ。
その気になったルーシーがなごやんの隙を縫って、
村から脱出するのは簡単だった。



ルーシーが助けを求めて行った先は、「あの村」。
アポロの引っ越した村だった。

アポロの巧みな情報戦略により、「その村」は完全に反なごやん主義になっていた。
ルーシーの話を聞いたアポロは、なごやんの村に刺客を送り込むことにした。

>こっちは何人も汗臭い奴を村から追い出したりして、
>似たようなことをしてきた。
>実際、アポロの他にその中の一人が友人の村に引っ越していたし、危険だ。

「その一人」である。



再び村に姿を見せたなごやんは愕然とした。
最も心を許していたルーシーが逃げていたからだ。

しかも、そのルーシーが出て行った家に新しく入ってきたのは、
よりによって、かつて自分が追い出した「その中の一人」、

コージィだった。

「よぉ、なごやん。久しぶりだな。会いたかったぜ!
 ●●村でずっと体鍛えていたからさ、見てくれよこの筋肉!
 またよろしく頼むぜ
 (大体原文のまま)



再び、この村が動き始める……!!!!!







05/02/ (火)00:55 | ゲームCM:(0)TB:(0)
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://nitrowalk.blog50.fc2.com/tb.php/32-4f4d5722

プロフィール

鬼頭俊成

Author:鬼頭俊成

毎日、脳内でジェノサイドを繰り返す、永遠の下積み同人家
↓本サイトはこちら↓
にとろうぉ~く

最近の記事

最近のコメント

最近の傾向

THE IDOLM@STER

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。